トップ うどん屋さん・口コミナビについて お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

うどん屋さん・口コミナビうどんとは? > うどんの歴史

うどんの歴史

うどんの歴史の画像

奈良時代に中国から遣唐使によって、「索餅」と呼ばれる菓餅が入ってきました。これが、「麦縄」と呼ばれるものになり、麺の起源になったともいわれています。しかし、「索餅」は小麦粉だけではなく、米粉も入れて作られるので、うどんとは少し異なりました。

鎌倉時代に、小麦粉だけで作られる麺「素麺」が作られるようになります。そして、中国の「切麺」と同じように作られた「切り麦」が生まれました。今のうどんよりも細く冷やして食べていました。「切り麦」からうどん・ひやむぎに変わってきたといわれています。

「切り麦」は、室町時代に入ると現在のうどんと同じように作られるようになりました。そして、のちにこれが「うどん」と呼ばれるようになるのです。安土桃山時代に入ると、うどん屋がでてきます。江戸時代に入ると、うどん屋は普及してきました。そして、「うどん」と呼ばれるようになったといわれています。

現在、うどんは一般的な庶民の食べ物ですが、江戸時代などでは、農村では特別の日に食べる高級な食べ物でした。農村で特別な日以外は、うどんを打ってはいけないことになっていました。

うどん誕生の説はこれだけではなく、他にもいくつかあるそうです。遣唐使によって日本にきた「こんとん」と呼ばれるあん入りの団子菓子がうどんの起源という説や、弘法大師が唐からうどんの製法を持ってきたとい説などがあります。

「うどん」という言葉も「こんとん」が「温とん」になり、「うどん」になったという説もあります。

うどん屋さん・口コミナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ うどんの文化と小麦粉

関東地方では、東京の小平市や東村山市などの武蔵野や埼玉県、群馬県などでうどんが有名で「武蔵野うどん」と呼ばれています。うどんの生産量も埼玉県は2位、群馬県は5位となっています。生産量が多い要因は、小麦の栽培が盛んで1年で2回収穫できる二毛作で収穫できるからです。 関西地方は、関東に比べ、そばよりもうどんが人気があります。関西も小麦の産地が多いのも要因と考えられる。また、関東と水が異なり、軟水のためうどんを作ったり、つゆを作るために適していました。関西地方で有名なうどんの産地

うどん屋さん・口コミナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。