トップ うどん屋さん・口コミナビについて お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

うどん屋さん・口コミナビうどんとは? > うどんの文化と小麦粉

うどんの文化と小麦粉

うどんの文化と小麦粉の画像

関東地方では、東京の小平市や東村山市などの武蔵野や埼玉県、群馬県などでうどんが有名で「武蔵野うどん」と呼ばれています。うどんの生産量も埼玉県は2位、群馬県は5位となっています。生産量が多い要因は、小麦の栽培が盛んで1年で2回収穫できる二毛作で収穫できるからです。

関西地方は、関東に比べ、そばよりもうどんが人気があります。関西も小麦の産地が多いのも要因と考えられる。また、関東と水が異なり、軟水のためうどんを作ったり、つゆを作るために適していました。関西地方で有名なうどんの産地は香川県の「讃岐うどん」になります。讃岐うどんはチェーン店も多く、関西だけではなく、関東でも人気があります。

うどんの材料になる小麦粉は小麦を挽いてできた粉です。小麦粉は日本でもはるか昔から食されているものです。現在も日本で栽培されています。小麦粉の生産量が一番多いのが北海道で、福岡・佐賀、埼玉、群馬となっています。やはりうどんが有名なところは、生産量も多くなっているのです。しかし、日本の小麦粉は日本の生産量だけでは不足していますので、輸入もアメリカ・カナダ・オーストラリアなどから輸入に頼っているのが現状です。

小麦粉にはたんぱく質が含まれており、このたんぱく質の含有量によって、「強力粉」「中力粉」「薄力粉」などと呼ばれます。うどんを作るには、「中力粉」がよく使われています。小麦粉のたんぱく質にはグルアジンとグルテニンで、水を含むとグルテンと呼ばれる物質になります。このグルテンには粘りがあるので、うどんなどを作るにあたり適しているのです。

うどん屋さん・口コミナビのおすすめ業者一覧はこちら。

    • 魚芳 愛媛県今治市宮窪町宮窪2828 電話0897-86-2092
    • そば茶屋矢秀庵 神奈川県小田原市成田807−2 電話0465-37-1150
    • 久下屋脩兵衛 埼玉県加須市大字久下1674−1 電話0480-65-5225

今日のお勧め記事 ⇒ 稲庭うどん

秋田県湯沢市稲庭町の小沢で有名なうどんに「稲庭うどん」があります。稲庭うどんは、手延べ製法で作られた干しうどんで、ひや麦よりも少し太めですが、生のうどんに比べて少し細めで、平たいのが特徴です。稲庭うどんは、日本三銘うどんの一つで、四国の讃岐うどん、名古屋のきしめんと並ぶ有名なうどんになります。 稲庭うどんは、江戸時代に佐藤市兵衛が作ったうどんです。当時は生産量が少なく高級なうどんでしたので、庶民が食べることはありませんでした。藩主や、明治以降は宮内庁への献上品として扱われて

うどん屋さん・口コミナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。