トップ うどん屋さん・口コミナビについて お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

うどん屋さん・口コミナビうどんとは? > うどんの作り方

うどんの作り方

うどんの作り方の画像

うどんは、小麦粉(うどん粉)と水、塩だけで作ることができます。材料は少ないのですが、作ると思ったよりも難しかったりします。しかし、何回か作ってみるとコツをつかみ、美味しいうどんを作ることができるようになりますので、是非チャレンジしてみてください。

うどんのとても重要な小麦粉ですが、やはり品質が良いものの方が美味しく作ることができます。古いものは風味が飛んでしまったりしています。日本で普通に売られている小麦粉は、オーストラリア産などの輸入ものがほとんどです。もし、美味しいうどんを作りたいと思っているのでしたら、日本産のうどん専用の粉などを作ってみてください。

うどんを作るのにあたり、難しいのが水加減です。一度に水を入れてしまうとベチャベチャになってしまいますので、何回かに分けて、様子を見ながら水を入れるようにしましょう。

まず、うどん粉に塩を溶かした水を少しずつ入れ、混ぜます。少しパサパサかな~と思うぐらいで、こね始めます。よくこねたら、塊にし、袋に入れます。かかとで20~30分ぐらい踏みます。これでコシが出てきます。その後、30分~2時間、常温で寝かせます。最低でも30分は寝かせましょう。そして、さらに10~20分踏みます。

まな板に小麦粉を打ち粉します。麺同士がくっついてしまうので、たくさん打ちましょう。生地を麺棒で丸く2~3ミリになるまで延ばします。この際も生地の両面に打ち粉をしながら延ばします。2~3ミリになったら、3枚ぐらいに折りたたみ、2~3ミリに切ります。この際も打ち粉をたくさんしてください。また、気温が高いとくっついてしまうので気をつけましょう。

麺が出来上がりましたら、たくさんの水で茹でます。3ミリで15分ぐらいですが、太さや厚みによってゆで時間は異なりますので、様子を見ながら茹でましょう。

うどん屋さん・口コミナビのおすすめ業者一覧はこちら。

    • 魚芳 愛媛県今治市宮窪町宮窪2828 電話0897-86-2092
    • そば茶屋矢秀庵 神奈川県小田原市成田807−2 電話0465-37-1150
    • 久下屋脩兵衛 埼玉県加須市大字久下1674−1 電話0480-65-5225

今日のお勧め記事 ⇒ めんの種類

うどんの麺は、関東と関西では、柔らかさが異なります。関西の方が、関東に比べて柔らかく作られています。しかし、両者ともうどんの良さの弾力性やコシはあります。これは、小麦粉の特徴と作り方によって、生まれ出されるものなのです。 麺は、色々な種類の作り方があります。まず、生地をこねて寝かせるという作業を何回も行いながら、少しずつ引き延ばして1本の麺にする方法です。この方法は日本が昔から行っている製法で「手延べうどん」と呼ばれています。秋田の「稲庭うどん」、長崎の「五島うどん」などが

うどん屋さん・口コミナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。