トップ うどん屋さん・口コミナビについて お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

うどん屋さん・口コミナビうどんのつゆ > 関西のつゆ

関西のつゆ

関西のつゆの画像

関西のうどんのつゆの色は、関東のうどんつゆの色に比べて、かなり薄い色です。関西では、醤油は薄口醤油を主に使います。薄口醤油は、関東で使われている濃口醤油に比べて色が薄いため、うどんのつゆの色も薄くなったのでしょう。

味も関東のうどんつゆに比べて薄味になっています。関西で使われてい薄口醤油は、濃口醤油に比べて、塩分濃度が濃いので味も濃くなりがちですが、使用している醤油の量が少ないため、色も薄く、味も薄口になっています。

うどんを作る出汁の作り方も関東のつゆとは異なります。材料はそれほど変わりがありません。まず、昆布を入れ、魚の出汁をとります。この魚の出汁をとる時の煮だす時間が関東と比べて、かなり関西では短くなっています。ですから、昆布の味が主になっていて、魚臭さはあまりありません。関西の人に関東のつゆを飲んでもらうと、「魚臭い」という印象があるそうです。

関西の水は、ミネラルの少ない軟水になります。軟水は、昆布の旨み成分が出やすく、出汁をとるときに昆布の味がしっかりでるのです。関西のつゆは、昆布の出汁が中心になった味になっているのです。

このように薄口につくられている関西のうどんのつゆは、うどんを食べた後、飲み干す人がほとんどだそうです。お吸い物感覚なのでしょう。また、関西風のうどんつゆを食べている地域は、北は富山県付近、関ヶ原、滋賀県あたりが境界線のようで、いきなり薄くなるのではなく、関東から徐々に薄くなっているようです。

うどん屋さん・口コミナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 関東のつゆ

関東のうどんのつゆの色は、濃い色です。なぜ濃いのでしょうか?関東は、うどんのつゆだけに限らず、煮物でもなんでも、醤油は濃口醤油を使用します。うどんのつゆを作る時も、濃口醤油を使用するため、色が濃くなるのです。また、量も関西に比べると多く、関西の4倍以上の醤油を使用することが濃くなる要因といえそうです。 味は、どうでしょうか?関東のつゆの味も濃く、しょっぱいです。普通、薄口醤油の方が塩分濃度は高く、濃口醤油の方が低いのですが、やはり、醤油の入れる量が多いので、味も濃くなるよう

うどん屋さん・口コミナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。