トップ うどん屋さん・口コミナビについて お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

うどん屋さん・口コミナビうどんのつゆ > つゆの材料

つゆの材料

つゆの材料の画像

うどんつゆを作るための材料は、主に、昆布、鰹節、煮干しと調味料(塩、醤油)、水になります。うどんつゆを作るのにあたり、味を左右させるものは出汁です。出汁は、関東は鰹節・煮干しベースの味、関西は昆布ベースになっています。

昆布は、「利尻昆布」や「羅臼昆布」など厚めの昆布を用意しましょう。鰹節は、できれば「厚削りの鰹節」を、なければ、「花鰹」でもいいでしょう。

煮干しは、「イリコ」で、お腹が破れていなく、丸まっているものを用意しましょう。イリコはそのままですと、苦みなどが出てしまいますの、内臓と頭を取ってから使用します。

水は水道水でもいいですが、臭みが出ますので、できれば浄水器か市販の水を通した水がいいでしょう。昆布ベースのつゆを作るのではないのでしたら、ミネラルウォーターを使用してもいいでしょう。

塩は、普通の料理用の塩を用意しましょう。天日塩ですと、甘みが増します。醤油は、お好みで薄口醤油、濃口醤油を用意するといいでしょう。

つゆをつくるのに大切なことは、まめにあくを取るようにすることです。昆布、鰹節、煮干しなどの割合は、自分の好みになるように量を調節してみるといいでしょう。醤油やみりんで作った「かえし」とだし汁の割合を変えると、またつゆの味も変わってきますので、色々な割合で試してみてください。

現在、スーパーなどでは水で割るだけの簡単なめんつゆがあります。しかし、自分でうどんを打ったりしたら、是非自分でつゆも作ってみてください。きっと、美味しく感じること間違いありません。つゆや「かえし」などは、うどんのつゆとしてだけではなく、親子丼のつゆなど他の料理にも使えます。

うどん屋さん・口コミナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ その他のつゆ

うどんのつゆは、出汁と醤油ベースのつゆだけではありません。他にも色々なうどんのつゆがあるのです。 「カレーうどん」もそのひとつです。だし汁にカレー味をつけて、片栗粉でとろみをつけます。場所によっては、とろみをつけずにさらっとしたつゆのところもあるようです。具も、ネギや豚肉、卵など色々入れることができ、お好みで具を入れるのもいいでしょう。色々な具を入れるので、栄養のバランスがとれたうどんといえるのではないでしょうか。 お店で出すような本格的なカレーうどんを作るのは、少し手間が

うどん屋さん・口コミナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。