トップ うどん屋さん・口コミナビについて お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

うどん屋さん・口コミナビうどんのつゆ > うどんの薬味

うどんの薬味

うどんの薬味の画像

うどんのには、色々な薬味をのせて食べます。一般的な薬味は、ネギ、わさび、大根おろし、もみじおろし、七味唐辛子ではないでしょうか。

ネギは、長ネギの青い部分を刻んだ青ねぎ、白い部分をほそ細長く刻んだ白髪ねぎがあります。ネギに似たあさつきも刻んで入れることがあり、ネギのような苦みがないのが特徴です。

大根や、ニンジンをおろしていれる「大根おろし」や「もみじおろし」も他の薬味と一緒に入れて食べたりします。生姜をおろして入れることもあります。

うどんの味に少し辛みを入れたいという人は、ワサビや唐辛子などを入れます。唐辛子には七味唐辛子と一味唐辛子があります。一味唐辛子は、唐辛子の実をすりつぶして粉末にしたものです。七味唐辛子は、唐辛子の粉末にケシ・ゴマ・山椒・しそ・のり・生姜・なたね・ミカンの皮・麻の実など色々な香辛料を混ぜて作られた唐辛子です。

九州では、一般的に使われている調味料に「ゆずこしょう」があります。ゆずこしょうは、唐辛子とユズの皮をペースト状にし、塩を入れて熟成させた調味料で、ゆずの香りがしますが、ピリッと辛さのある調味料になります。「こしょう」という名前がついていますが、「胡椒」のことではなく、九州の方言で「唐辛子」のことを「こしょう」と呼ぶことからこのような名前が付きました。九州などでは、ゆずこしょうをうどんに入れて食べることもあります。

うどんは、味が淡泊なので、色々な種類の薬味を組み合わせて食べるのも面白いです。たとえば、「ゆずこしょうと大根おろし」、「大根おろしとちりめんじゃこ」など自分の好きな組み合わせを見つけながら、食べてみてはいかがでしょう?

うどん屋さん・口コミナビのおすすめ業者一覧はこちら。

    • 魚芳 愛媛県今治市宮窪町宮窪2828 電話0897-86-2092
    • そば茶屋矢秀庵 神奈川県小田原市成田807−2 電話0465-37-1150
    • 久下屋脩兵衛 埼玉県加須市大字久下1674−1 電話0480-65-5225

今日のお勧め記事 ⇒ 埼玉・東京のうどん

埼玉県の西部・北部、東京都の多摩地域の北部あたりを武蔵野といい、このあたりのうどんを「武蔵野うどん」といいます。武蔵野うどんは、この地域でとれた小麦粉を使用して作られている郷土料理です。うどんは、コシがとても強く、太く、色も少し茶色がかった色をしています。つゆは、鰹節の出汁を使用しており、味も濃く醤油の味が強いつゆで食べます。具は、きのこや、豚肉、なすなど色々な物をいれて、つけながら食べます。 埼玉県加須市にも「加須うどん」というものがあります。加須には利根川が流れており、

うどん屋さん・口コミナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。