トップ うどん屋さん・口コミナビについて お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

うどん屋さん・口コミナビうどんの種類 > 温かいうどん

温かいうどん

温かいうどんの画像

うどんやつゆを温かくして食べる食べ方で一般的なのは、「かけうどん」です。かけうどんは、茹でてから、水でぬめりを取り、水ででうどんをしめ、また温かいお湯に入れ温めてから、温かいつゆに入れて食べます。かけうどんの上に色々な具をのせて食べるのが一般的で、油揚げを乗せれば「きつねうどん」、天かすを乗せれば「たぬきうどん」、生卵をのせれば「月見うどん」になります。

温かいうどんの他の食べ方に、「釜揚げうどん」があります。かけうどんとの違いは、茹でたら、水でしめず、そのままの状態で食べることです。そのままですので、うどんのもちもち感が楽しめる食べ方です。つゆは、少し濃いめの味付けで、だし汁に、醤油を入れて食べたりします。この釜揚げうどんは、四国地方や宮崎県などでよく食べられている方法です。

「ぶっかけうどん」という食べ方もあります。茹であがったうどんに、醤油をかけて食べる方法です。汁も一緒に楽しむというよりも、麺を楽しんで食べるというシンプルな食べ方です。大根おろしや花かつおなどを乗せて食べます。

岡山県倉敷市の郷土料理の「ぶっかけうどん」は、色々な具を乗せて食べるうどんです。大根おろしやネギなどはもちろんのこと、てんぷら・とろろ・卵・牛肉・ささみ・キムチなど色々お好みで乗せてたべるうどんです。対照的に、香川のぶっかけうどんは、あまり具を乗せないでうどんを食べます。汁も、倉敷市のぶっかけうどんよりも汁は濃くなく、甘くありません。

うどん屋さん・口コミナビのおすすめ業者一覧はこちら。

    • 魚芳 愛媛県今治市宮窪町宮窪2828 電話0897-86-2092
    • そば茶屋矢秀庵 神奈川県小田原市成田807−2 電話0465-37-1150
    • 久下屋脩兵衛 埼玉県加須市大字久下1674−1 電話0480-65-5225

今日のお勧め記事 ⇒ 稲庭うどん

秋田県湯沢市稲庭町の小沢で有名なうどんに「稲庭うどん」があります。稲庭うどんは、手延べ製法で作られた干しうどんで、ひや麦よりも少し太めですが、生のうどんに比べて少し細めで、平たいのが特徴です。稲庭うどんは、日本三銘うどんの一つで、四国の讃岐うどん、名古屋のきしめんと並ぶ有名なうどんになります。 稲庭うどんは、江戸時代に佐藤市兵衛が作ったうどんです。当時は生産量が少なく高級なうどんでしたので、庶民が食べることはありませんでした。藩主や、明治以降は宮内庁への献上品として扱われて

うどん屋さん・口コミナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。