トップ うどん屋さん・口コミナビについて お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

うどん屋さん・口コミナビうどんの種類 > うどんにのせる具

うどんにのせる具

うどんにのせる具の画像

うどんにのせる具は、色々あります。よく知られている具としては、「油揚げ」「生卵」「天かす」などです。これらの具も少し手を加えれば少し異なる具になります。味付けをしていない油揚げを刻むと「きざみうどん」になり、卵をといて、卵と時にすると「とじうどん」になります。「天かす」は、大阪や香川では乗せたりするお店が少なく「たぬきうどん」がなかったりします。

うどんに乗せる他の具には、「天ぷら」「お餅」「肉」などをのせたりします。「天ぷら」は、色々な種類があり、エビ・ごぼう・かき揚げなどが一般的です。「お餅」は、焼いたお餅をうどんの上にのせます。「肉」は、牛肉・鶏肉・豚肉などを醤油などで煮たものをのせます。九州北部では、鶏肉のことを「かしわ」と言い、鶏肉のそぼろをうどんに乗せて食べることがあります。「かしわうどん」と言われています。

「天ぷら」というと小麦粉と水と卵で溶いた衣をつけ、揚げたものを一般的指します。しかし、九州の福岡県などでは、魚のすり身を油で揚げた、さつま揚げを「天ぷら」といいます。九州で「天ぷらうどん」と言うと、このさつま揚げが乗ったうどんが出てきたりすることもします。

大阪には「かすうどん」とよばれるうどんがあります。この「かす」というのは牛の小腸を油であげたもので「油かす」といいます。ホルモンなので、独特の味がします。

家庭などでよく作られているうどんに「かやくうどん」があります。鶏肉やほうれん草などの青物の野菜、なるとなどを入れて食べるうどんです。具の種類が多いうどんを「おかめうどん」「五目うどん」などと呼ばれることもあります。

うどん屋さん・口コミナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 冷たいうどん

うどんを冷たくして食べる食べ方もあります。ざるに乗せて食べる「ざるうどん」や「つけうどん」「もりうどん」などがあります。どれも、茹でたうどんのぬめりをとり、冷やしたうどんを濃いめのつゆにつけながら食べます。ごまだれなどをつけて食べる方法もあります。これらの方法は、うどんのコシやもちもち感を楽しむことができます。薬味は、シンプルでネギやおろししょうが、刻みみょうがなどで食べます。 うどんもつゆも、うどんも冷たくして食べる方法もありますが、うどんは冷たく、つゆは温かいもので食べ

うどん屋さん・口コミナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。