トップ うどん屋さん・口コミナビについて お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

うどん屋さん・口コミナビうどんの種類 > 鍋焼きうどん

鍋焼きうどん

鍋焼きうどんの画像

鍋焼きうどんは、土鍋にだし汁とうどんを入れ、具を入れて煮込んだうどん料理です。だし汁は、醤油味のつゆで、具は、ねぎやかまぼこ、シイタケ、ニンジン、エビの天ぷら、卵などをいれます。伊達巻やつみれなどを入れることもあります。ぐつぐつした状態で食べるものですので、うどん屋では、特に冬などのメニューになっていたりします。

鍋焼きうどんを置いているお店が多いところは、愛媛県の松山市です。通常、鍋焼きうどんは、冬に食べるうどんというイメージですが、松山のお店では、通年扱ってるお店が多くなっています。松山の鍋焼きうどんは、麺が柔らかめでだし汁は甘いのが特徴です。松山で鍋焼きうどんが有名なお店は「ことり」「アサヒ」というお店です。この2店舗では、麺はそれほど変わりはなく、柔らかめなのですが、だし汁の味が異なるようで、「アサヒ」の方が、濃いめで甘い味付けのようです。

最近は、コンビニやスーパーなどで、手軽に鍋焼きうどんが食べられるように、アルミの鍋にだし汁と具、うどんが入ったものが販売されています。自宅のコンロに直接かけるだけなので、簡単に食べることができるのです。

鍋焼きうどんに似たうどんで「煮込みうどん」があります。うどんを煮込む点は、鍋焼きうどんと同じなので、「煮込みうどん」を「鍋焼きうどん」と呼ぶこともあります。「煮込みうどん」は、山梨のほうとうや名古屋の味噌煮込みうどんが有名です。鍋焼きうどんを異なり、味噌味のうどんになっています。

うどん屋さん・口コミナビのおすすめ業者一覧はこちら。

    • 魚芳 愛媛県今治市宮窪町宮窪2828 電話0897-86-2092
    • そば茶屋矢秀庵 神奈川県小田原市成田807−2 電話0465-37-1150
    • 久下屋脩兵衛 埼玉県加須市大字久下1674−1 電話0480-65-5225

今日のお勧め記事 ⇒ うどんの歴史

奈良時代に中国から遣唐使によって、「索餅」と呼ばれる菓餅が入ってきました。これが、「麦縄」と呼ばれるものになり、麺の起源になったともいわれています。しかし、「索餅」は小麦粉だけではなく、米粉も入れて作られるので、うどんとは少し異なりました。 鎌倉時代に、小麦粉だけで作られる麺「素麺」が作られるようになります。そして、中国の「切麺」と同じように作られた「切り麦」が生まれました。今のうどんよりも細く冷やして食べていました。「切り麦」からうどん・ひやむぎに変わってきたといわれてい

うどん屋さん・口コミナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。