トップ うどん屋さん・口コミナビについて お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

うどん屋さん・口コミナビ各地のうどん > 群馬のうどん

群馬のうどん

群馬のうどんの画像

群馬県は、小麦の産地です。江戸時代は、群馬県ではうどんを食べる習慣があったともいわれています。そのため、うどんも色々な種類があります。

館林市は、小麦粉を製造している「日清製粉」の発祥地となっています。館林市は、つつじなどでは有名ですが、あまり、うどんで知られていません。しかし、実は、意外とうどん屋も多いのです。水も美味しい地域なので、美味しいうどんが作れるのでしょう。また、近年うどんをつかって、町おこしをしています。

桐生市には「ひもかわうどん」という変わったうどんがあります。なんと、うどんの太さは、10センチぐらい、長さは30センチぐらいあり、餃子やワンタンの皮のように平べったいのです。もちろんうどん粉で作られているので、味はうどんなのですが、つるんとしたのどこしで、モチモチしている食感になっています。食べ方は、つゆにつけながら食べたり、温かいつゆに入っていたりします。

伊香保温泉に近い水沢では「水沢うどん」が有名です。水沢うどんは、水沢山からの美味しい水と、厳選された小麦粉で作られます。水沢うどんは、何度も足で踏み、手でこね、天日干しも2回行っているので、もちもち感や、うどんのコシがとてもあります。ゆでると透明感や光沢が出て、食べた時ののど越しがいいのも特徴です。この作り方は、古くから同じ製法でつくっています。また、その日の天候などに合わせて、水や塩の加減を変えて作られています。

うどん屋さん・口コミナビのおすすめ業者一覧はこちら。

    • 魚芳 愛媛県今治市宮窪町宮窪2828 電話0897-86-2092
    • そば茶屋矢秀庵 神奈川県小田原市成田807−2 電話0465-37-1150
    • 久下屋脩兵衛 埼玉県加須市大字久下1674−1 電話0480-65-5225

今日のお勧め記事 ⇒ うどんの歴史

奈良時代に中国から遣唐使によって、「索餅」と呼ばれる菓餅が入ってきました。これが、「麦縄」と呼ばれるものになり、麺の起源になったともいわれています。しかし、「索餅」は小麦粉だけではなく、米粉も入れて作られるので、うどんとは少し異なりました。 鎌倉時代に、小麦粉だけで作られる麺「素麺」が作られるようになります。そして、中国の「切麺」と同じように作られた「切り麦」が生まれました。今のうどんよりも細く冷やして食べていました。「切り麦」からうどん・ひやむぎに変わってきたといわれてい

うどん屋さん・口コミナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。