トップ うどん屋さん・口コミナビについて お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

うどん屋さん・口コミナビ各地のうどん > 埼玉・東京のうどん

埼玉・東京のうどん

埼玉・東京のうどんの画像

埼玉県の西部・北部、東京都の多摩地域の北部あたりを武蔵野といい、このあたりのうどんを「武蔵野うどん」といいます。武蔵野うどんは、この地域でとれた小麦粉を使用して作られている郷土料理です。うどんは、コシがとても強く、太く、色も少し茶色がかった色をしています。つゆは、鰹節の出汁を使用しており、味も濃く醤油の味が強いつゆで食べます。具は、きのこや、豚肉、なすなど色々な物をいれて、つけながら食べます。

埼玉県加須市にも「加須うどん」というものがあります。加須には利根川が流れており、渡し船などが江戸時代にありました。渡し船で渡ってきたお客さんに、手打ちうどんをもてなしたのが始まりといわれています。加須うどんは、コシがとても強いうどんで、夏場は細めのうどん、冬場はひもかわうどんと、季節によってうどんの太さは異なっています。つゆは、あっさりとしたつゆが一般的ですが、お店によって、色々工夫されているようです。

埼玉県の北部、西部、中部あたりには「冷汁」(ひやしる)とよばれる家庭料理があります。場所によっては「すったて」「つったて」とも呼ばれています。冷汁は、すりゴマに、砂糖と味噌を入れ、冷水でのばしたつゆに太めのうどんをつけながら食べます。具にはキュウリやネギ、青しそなどを入れて食べます。野菜は、お店によって、味噌と一緒にすり鉢でする場合もあります。うどんを冷たくしたり、つゆに氷を浮かべて食べるうどんで、主に夏場に食べるうどんです。

うどん屋さん・口コミナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ きしめん・ほうとう

「きしめん」は、愛知県名古屋市の郷土料理で有名なうどんです。うどん粉と水と塩で作られているので、うどんになりますが、見た目が平たいうどんです。 きしめんは、温かいつゆに油揚げや鶏肉、ネギ、鰹節を入れて食べるのが一般的です。夏場は、ざるきしめんなどで冷たくして食べます。きしめんは、麺が薄いのでゆであがるのに時間がかかりませんが、水分を吸いやすく、伸びやすいという特徴があります。 お店によっては、「カレーきしめん」「味噌煮込みきしめん」など少し変わったきしめんを出しているお店も

うどん屋さん・口コミナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。